飼い主も一緒に

お役立ち情報

犬のしつけ教室をあちこちでよく見かけます。
犬を何カ月か預かってしつける教室から一日教室までその種類は様々です。
しかしながら学校では犬は人間の言うとおりに動くのに自宅に戻ると全て戻ってしまうケースが多々あるようです。
しつけ教室の問題ではなく、飼い主の問題というケースも多いようです。
飼い主が、折角しつけた犬を甘やかしてしまい元の木阿弥とか。
犬のしつけ教室では、飼い主としての心構えとか犬に対しての接し方とか飼い主のしつけも必要とのこと。
犬と飼い主が共に学ぶのが一番の早道なのでしょうね。

私も試してみたい

お役立ち情報

私は現在、犬を1匹飼っています。
この犬は先月16歳になった超高齢犬なのですが、小さい頃から少しわがままに育ててしまったところがあります。
そのため、飼い主の言うことをきかない時もあり、そういった時は困ってしまいます。
私の近所のホームセンターでは、犬のしつけ教室を開催していますが、そのような教室に犬が小さい頃に連れていけば良かったとも思っています。
私の友人はメスのチワワを1匹飼っているのですが、その犬はとても負けん気が強くて、他の犬にほえることがよくあるそうです。
その友人も、犬のしつけ教室に連れていきたいと言っていました。
これからも、犬のしつけ教室に注目していきたいです。

チワワは見た目よりも活発、簡単な「ハウス」や「トイレ」から教えてみて

お役立ち情報

チワワは見た目よりも活発です。人懐っこくもありますが、警戒心も強く、チャイムに反応して吠える事もあります。小さい頃から、いろんな音に慣れさせておきましょう。

チワワを子犬から飼うなら、トイレトレーニングからしてみましょう。また、並行して家に来た日から「ハウス」も覚えさせます。子犬は不安がいっぱいで、夜鳴きしたりしますが、ケースから出さずに近くにおいて置くようにして、慣れさせるようにしましょう。初めが肝心です。

愛犬に教えたい「おすわり」。しつけの中でも、簡単な方なので挑戦してみて下さい。犬を立たせて向かい合います。手に握ったえさをみせ、犬が自然に座りたくなるような位置にその手を移動させます。座ったら誤ご褒美をあげます。これを何度か繰り返し、座るタイミングで「おすわり」と声をかけます。おしりを押して座らせるのはよけい抵抗します。

しつけは、一度にたくさんの事を、教えないようにしましょう。「おすわり」ができれば「おて」というふうに、すこしずつ簡単なものから教えましょう。トレーニングする時の注意として、はじめは無言で指導し、できるようになれば声を付け、しっかり褒めましょう。トレーニング時間はだらだらとせず、短めで終わるようにしましょう。

犬が自分の糞を食べてしまうと悩んでいる飼い主さんも多いそうです。子犬の頃に食べるのは、栄養不足や好奇心からとも言われています。良質の消化の良いえさにかえるのも、ひとつの改善方法です。また、遊びが不足していたり、ストレスがある時もします。ひとつずつ原因となる要因をなくしていきましょう。

散歩をする時のリードは、長さを調整しやすいものが良いですね。飼い主を引っ張って行かないよう、しつけるためにも、飼い主の横について、少しゆとりがあるぐらいの長さが良いです。”しつけ”に使うえさは、おやつばかりあげると肥満にもなるので、ゆでた鶏ささみを使用するのもおすすめです。

ペットを飼う人が増え、しつけ教室も全国各地で開催されています。その日だけのものや、ホームステイ、出張など色々あります。金額も1回4000円としても、回数が必要なので、結構な額になります。まずは、飼い主さんがしつけることが大切だと思いますが、どうしても難しい時は、早いうちに教室を受ける方が良いでしょう。

チワワが家に来た日から、しつけを始めましょう。そのためには、前もって飼い主がしつけについて勉強して下さい。楽しく一緒に過ごすためには、ある程度のルールが必要です。必要な道具等を準備し、簡単な「ハウス」や「トイレ」から教えてみて下さい。

チワワのしつけは?

お役立ち情報

チワワは小さくてかわいい姿をしていますが、実は気が強く勝気です。
飼い主がしっかりしつけをしないと、犬の本能のまま、無駄吠えしたり問題行動を起こしてしまうことになってしまいます。
そうなる前に、飼い主が知識を入れておくことが大切です。犬との良い関係をつくるために、きちんとしつけをできるようにしておきましょう。
トイレのしつけや、毎日の犬の散歩も、楽しい日課となり、一緒にボール遊びもできるようになるでしょう。

あると便利な物

お役立ち情報

子犬を飼う時に、用意しておくと便利だと思うものがあります。
それはキャリーバックです。子犬を飼って、家に連れて帰る時にも使えるし、今後も使用する機会が多い道具だと思います。
キャリーバックは、お出かけの時や移動の時に使うのですが、出かけるからといって、急にキャリーバックに入れようとしても、犬は怖がって入らなかったりします。
家で、ゲージの中に入れて寝る時に使ったりして、慣れさせておくと良いです。ハードタイプのものがおすすめですね。
車に乗る時は、必ずハードタイプのキャリーバックに入れて移動しています。運転手も犬も、安全が第一ですね。

子犬選び

お役立ち情報

子犬選びの方法はいろいろあると思います。もし、ペットショップ以外で、子犬繁殖してますなどの看板や、ネットで購入しようと考えているなら、気をつけて欲しい事があります。
まずは、動物取扱業登録があるかないか。これがないと、販売してはいけないからです。ペットショップでも、ブリーダーでも同じです。店内に貼り付けていると思いますので、チェックしましょう。ないようなら、みせてもらいましょう。
それから、子犬繁殖をしている業者のなかで、お金儲けのために乱繁殖する業者がいます。これをパピーミルと言っています。
「売れるから」という目的のみで無理な繁殖を行い、子犬を出産する為だけの「道具」として扱われます。小さなゲージの中で散歩に連れ出されることもなく、わずかな生きていける程度の粗悪なフードを与えられます。
そんな環境の親犬から生まれてくる子犬は、お腹に寄生虫がいたり、毛色や体格もスタンダードから大きく外れ、骨格不形成で育ったり、遺伝疾患を持っていたりしますので、パピーミルではなくブリーダーから購入しましょう。

チワワの性格は?子犬からはじめる正しい飼い方・しつけ方

お役立ち情報

チワワは最小の犬種で、アップルヘッドと呼ばれる丸い頭と、つぶらな瞳が特徴的です。先祖はメキシコに生息していた「テチチ」と言われています。19世紀半ばに番犬として飼われるようになったそうです。

無邪気で遊び好きな反面、怖がりで用心深いところもあります。先祖が番犬と言う役割があった為、見知らぬ人に対して吠えやすいと言う傾向があるようです。

マイペースで、甘える時があればそっぽをむくこともあります。ナイーブな面もあるので、ゆっくりくつろげる時間を作ってあげましょう。

子供の頃からしつけをしてあげれば、きちんと覚えてくれます。

遊び好きの性格なので、楽しく訓練してあげましょう。

社会性もあり、散歩も問題なくできます。他犬種より運動量は少なめ。室内でも充分なので、日本の住宅事情でも飼育できます。

頭蓋骨は、成犬になっても融合しにくい傾向にあるので、頭部への衝撃は避けるよう注意しましょう。

毛質は、ロングとスムースと2タイプがありますが、どちらも寒がりなので冬場の温度調整に気をつけましょう。

チワワは、無邪気で遊び好き。マイペースな面もありしっかりしつければ、留守番も問題なくできます。運動量も少なくマンションでも飼育可能です。食事量も少なめなので、年配や忙しい方にも向いていると言えるでしょう。

チワワを飼うまえに考えよう

お役立ち情報

チワワは飼い主に従順ですが、活発で好奇心旺盛なので、ほっておくといたずらをしたりします。
かわいらしい容姿に負けて、犬の要求をきいていると、問題行動が出た時に、飼い主の言う事を聞いてくれなくなります。
子犬の頃からのしつけは大切です。家族で飼うなら、家族で話し合ってルールを決めておきましょう。
ペットショップなどで行っている犬のしつけ教室に参加してみるのも参考になりますね。

子犬は好奇心旺盛

お役立ち情報

子犬を迎える前に、子犬が安全に過ごせるスペースを確保しましょう。できれば、サークルを部屋として準備して下さい。サークルは、留守番の時に役立ちますので、早めに慣れさせておきましょう。
子犬は特に好奇心旺盛です。何でも興味を持ち、かんだり遊んだりします。小さいものは飲み込んでしまうので危険です。電気のコードやリモコン、小物等を、犬が届かない場所へ移動させておきましょう。
犬のおもちゃについても、人間用の物はボタンがついていたり、破けて中身が出たりしますので、犬専用の物を与えましょう。