ネットを使って実印を注文しようとした時に

未分類

ネットを使って実印を注文しようとした時に、セットで銀行印も作るとセット価格になるということでした。それまで銀行印は適当に間に合わせのこれで良いかという感じで使っていて、自分の中で考えていたので、このタイミングで作ることにしました。

印鑑を新しく作るのだから、普通に置いてあるようなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。

また、書体も選べるので吉相体にしてみました。アタリの有り無しは、なしにしました。

大きさは、少し大きめの12mmにしました。
大事な印鑑はずっと使用していくものなので、自分の好みのものを使いたいですね。女性が多く選ぶのは、花や和柄などかわいさのある印鑑です。

 

あいらしくて大事にしようと思います。

 

いろんな和柄があって金魚、ウサギ、桜などのデザインがあります。ネイルにつけるようなキラキラしたものがついているハンコもあります。小さく出ているラインストーンがついているデザインの印鑑です。

 

スワロフスキーが使われているものは、スタイリッシュでありながら落ち着いた大人のかっこよさもあります。

そんなふうな、かわいいハンコは贈り物にしても喜ばれています。
書類を交わすときに必要なのが実印。

 

最近は、インターネットで契約等もしていますが、やはり実印を必要とする仕事も残っています。土地に関することや物件の購入。

大きなお金が動く時は、今でも実印の押印を、避けることができません。その為に、私達は指定の役所で実印を登録してもらわなければなりません。

その実印は運が良くなるようにできるだけ良い物を購入したいと思います。

結婚して、銀行の名前を変えてもらおうと思った時に新たに印鑑を買うことにしました。印鑑どれでもいいし、そのまま使い続けても問題ないと教えてくれた人の意見は聞き流して、私にとって旧姓の印鑑を使い続けるのはおかしいと思ったからです。
日本で良く耳にする代表的な苗字に変わったんで、大量に溢れているであろう同じような印鑑に少し悩みました。結局は買い物ついでに作れる可愛い柄物の印鑑に名前を彫ってもらいました。

 

構えず簡単に作れるけど、ちょっとした満足感があるし気に入っています。

学生の頃に、きちんと実印を作ったと言う人はめったにいないと思います。

 

作る時期は人それぞれ違いますし、手持ちにあった普通のハンコを今しばらくはそれで実印登録しておいたという人も多いのではないかと思います。

実印の値段には幅がありますが、材質で変わったり彫り方でも変わってきます。
手彫りの印鑑は、下は1万円くらいから、10万円を超える高価なもなどもあります。
銀行印とセットすると数万円程度が一般的に購入されている相場だと思います。知り合いが出産したという話を聞き、赤ちゃんの名前で素敵な印鑑を贈ることにしました。
少し変わったものが作れないかな?と思い調べると、キュートで欲しくなるような印鑑が迷うぐらいありました。

どちらかというと男性向けではないけど、女性や子供なら思わず声を出すような柄が入ったものや一般的に売られていたんですね。
変わった印影に注文できたり、その人だけのオリジナル印鑑が選んで作れる気がします。

成人した私に母が、名が彫られた印鑑を手渡されました。白い象牙というものでできたもので、多分高価なのではないかと思います。
銀行印として使用していますが、その度に元気だった母の姿を感謝しながら思い出します。

子を持つ親となってから、名前は親からの最初の贈り物なんだなあということも実感し、ますますその印鑑をいとおしく思っています。
我が子が成人したら、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。
うちの子が中学卒業時に印鑑を頼もうと考えていました。

 

パソコンを通して作成してもらったのですが、印材は水牛で出来ていて、印鑑というのは高価というイメージでしたが、その高級感があるのにもかかわらずお値段は手ごろで、失敗のない買い物ができたと思います。
届いてすぐ、名義を子供にした口座を作って、バイトの給与はそこに振り込まれました。
注文して作ったこの印鑑を大切にしきちんと収納し探しまわらないようにと思います。

印鑑屋を覗いて銀行用の印鑑がどれだかわからなくなり、必要な時には持っている印鑑を全て持って窓口へ行くという、ぐだぐだな感じの方法をやっていましたが、公的な書類に押印する必要となったので、この機会にフルネームで質の良い印鑑をお店に頼むことを選びました。

長い間使っていたはんこの一部のふちが割れてしまったので、購入し新しくしました。
かけた印鑑を使っているとお金が逃げていくという話を聞いたからです。今回作った印鑑は苗字を入れず名前を入れてもらいました。

自分の名前の漢字が気に入っているからです。

 

登録していた銀行の印鑑変更など、手間なこともあったのですが、この際に使っていない口座などを解約して、整理整頓することができました。ついでに使用してないクレジットカードも解約したので、印鑑を購入することになって身の回りの整理をするきっかけになりました。